2011年09月26日

ウィーン2日目 (これが最初の日記です)

1日目は飛行機の中で寝ていただけなので、何も書くべきことがありません。
なので、この日記は2日目から始まります。



 

ウィーン2日目(9月2日)



朝10時起床。

昨晩は19時頃にウィーンに着き、宿を探す時間が無かったので1泊80ユーロ(約9,000円)のホテルに泊まった。
決して安くはない値段だが空港のすぐ側のホテルが180ユーロ(約20,000円)だったことを考えると頑張った方だと思う。
次の日からの宿を探すためにもインターネットが使えるホテルでなければいけなかったということもある。



目が覚めるとすぐにぶらぶら歩く旅に出た。
せめてホテルで現在地ぐらいは確認すればよかったとすぐに後悔した。
スーツケースをごろごろ引きずりながら14時頃までひたすら歩き回った。




ぶらぶら歩き周って気がついたこと

・オーストリア人でかい(女の人で平均170cmくらい)

・飲み物の自動販売機がない

・コンビニがない(ひとつもない!)

・意外に暑い(30℃)

・車は基本的に路上縦列駐車(かなりキチキチ)

・「Café」と書かれた店は、コーヒーよりもむしろお酒がメイン

・Caféで昼間からお酒を飲んでいる人がけっこういる(今日は金曜日)





あてもなく歩いていると、観覧車が見えた。
お、あれはもしやと思って地球の歩き方を見てみると、やはり映画「第三の男」に出てくるあの有名な観覧車だった。
(ここでやっと現在地を確認できた)

せっかくなので観覧車に乗ってみようと思ったが、せめてスーツケースを置いてからにしようと思い、近くに宿を探す。
しかし、見つからなかったので仕方なく地球の歩き方に載っている「MEININGER」という都心の少し外れのユースホステルに行った。

観覧車はまた今度。



人生初のユースホステル。
1泊20ユーロ(約2,300円)。安い。
1つの部屋に8つのベッド。



マケドニアから来た男の人はずっと寝ていた。
20:00頃にやっと起きて、何語かわからない言葉で話しかけてきた。
かろうじて「ヤーパン(Japan)」と聞き取れたので、「日本から来たんか?」って言っているということがわかった。
どうして中国、韓国じゃなくて日本人だとういことがわかったのか尋ねてみたが、彼は英語がほとんどわからないようなので諦めた。




男ばかりの部屋だと思っていたら、男女共用であるらしく、フランス人の三人家族(父、母、娘)が入ってきた。

そのフランス人の娘は特別綺麗というわけではなかったが、フランス人女性の隣で寝るということに少しテンションが上がった。

しかしよく考えてみるとこの娘がいるためにパンツ一丁で眠れないということを考えるとちょっとやっかいに思えてきた。

普段であれば服を着ることぐらいなんでもないことだが、ユースホステルに泊まっていると、それさえ一苦労なのだ。

ユースホステルで寝巻きを着るためには次のような煩雑な手順を踏まなければならない。




@パスポートケース、あるいは財布をリュックから取り出す。(人目を気にしながら)

Aパスポートケース、あるいは財布から取り出した鍵でスーツケースを開ける。

B圧縮袋からTシャツを取り出す。

C別の圧縮袋からズボンを取り出す。

D二つの袋を圧縮する。(ガサガサ音を立ててしまって申し訳ないという顔をしながら)

Eスーツケースが閉まるように整理をし直す。

Fスーツケースの鍵を閉める。

G鍵をパスポートケース、あるいは財布にしまう。(人目を気にしながら)




ここまでしてやっと服が着られるのだ。
5分はかかる。
マケドニア出身の男の人は気にせずパンツ一丁で寝ていたが。




路面電車、バスの乗り方が未だによくわからない。

料理屋さんには基本的にドイツ語のメニューしかないから適当に注文するしかない。

でもこの国には親切な人がすごく多い。

なんとか一年間やっていけそうだと思うと顔がにやけてきたので、掛け布団を頭まで被って寝た。




 ↓ 僕のやる気スイッチです。(よかったら押してください)
http://blog.with2.net/link.php?1273784"
 ↑ 人気ブログランキング




次回予告


微動だにしないマン「・・・・・・」


ダーティ「なにっ!微動だにしないだと!流石は微動だにしないマン!」


乞うご期待。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

posted by ダーティ at 05:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。